AIエンジニア

AIエンジニアになる!仕事内容、給料年収、スキル知識、資格に迫る。

AIエンジニアとは?仕事内容、給料年収、スキル知識、資格に迫る

AI を活用する分野が広がりつつあります。音声認識システムや自動判別システムなどは今後も多くの分野で使われていくことが想定されています。

また、製造業やIT企業などにおいても、 AIの応用で生産性の向上を行う取り組みも既に実施しており、 AI エンジニアのニーズが高まりつつある状況です。

今回は、AI エンジニアとは、どのような仕事なのか、内容や年収などにもふれながら詳しくみていきましょう。

AIエンジニアとは

AI エンジニアとは、 AI を活用したシステムを開発~運用まで実行するシステム技術者です。例えば、 AI を用いて下記のようなシステムを開発~運用することが AI エンジニアの仕事内容となります。

  • IoTと AI を連携させ、工場の機械を自動化させる
  • 学習したデータを自動的に判別し、振り分ける
  • ビッグデータなどの膨大なデータの解析

データの活用などは、金融や IT 、医療や製造業など非常に多くの分野で応用できるため、AIエンジニアはニーズがあるといえます。

AIエンジニアの仕事内容

仕事内容は、機械学習を使ったシステム開発やデータサイエンティスト、クラウドシステムの開発など多岐にわたります。所属する企業によってどのような分野に特化するのかは異なるものの、どの分野においても必要なシステムといえます。

例えば、自社でデータを収集・分析した AI を活用したシステムを作りたいとしましょう。その場合、AIエンジニアは、それが他の企業で応用できるのかなどのテストやシステムそのものを作ることが仕事内容となります。

年収や給与はどうなのか

給与に関しては非常に高く、日本であれば400万円から1000万円ほどが平均的な年収です。所属する企業によって、どの程度の年収になるのかは異なるものの、大企業とスタートアップや中小企業では年収の幅が大きく異なることも少なくありません。

ちなみに、海外では1000万円を超すものも多く、日本の給与水準は海外よりは低い状態となっています。しかし、今後 AI を活用した新しいシステムが一般的な企業でも活用される可能性が高いため、今後もニーズの高い職業だといえます。

年収が高い理由は、以下の要因が考えられます。

  • どのような企業でも活躍の場があるものの、人材が少ない
  • 専門的なスキルが必要

特に、人材が少ない理由は、専門的に AI を学んだ上で年収や給与がある程度高額であるため、転職者も多くないためです。加えて、 AI の開発においても新しい知識を常に学ぶ必要があり、システムの大幅なアップデートなどとなれば、最新の技術を取り入れていかなければなりません。

そのため、大企業を含めたうえで AI エンジニアは取り合いと言われるほど需要が高くなっているといえます。

AIエンジニアに必要なスキルや知識

AIエンジニアに必要な知識は、以下のものが挙げられます。

  • 機械学習や深層学習などの AI に関する用語を理解し、必要に応じてシステムを実装できること
  • 通常のプログラミングも含めたうえでデータの解析や分析ができる
  • 実装したシステムのテストができる

特に AI に関して、機械学習や深層学習を自動的に行えるシステムの構築や実装などの知識が必要となります。

また、機会学習や深層学習はデータを基にして行うものであるため、そうしたデータを読み取る力も必要となります。そのため、エンジニアとしても非常に高いスキルを持っていなければ、 AI エンジニアとして活躍することが難しいといえます。

携わる業務によって、どの程度の知識が必要なのかは変わってきます。しかし、どの分野においても、システム要件をまとめ実装し、分析することが重要となってくるといえるでしょう。

プログラミングスキルに関しても、 Python のある程度のプログラムが組める、実装や運用ができるなどのスキルを必要とします。

AIエンジニアに必要な資格

実は、資格に関しては持っていなくても AI エンジニアになることは可能です。簡潔にいえば、機械学習や深層学習を理解し、システムを開発から構築、その後の運用までできれば AI エンジニアになることができます。

しかし、資格を持っていれば能力の証明につながるため、以下の資格を検討してみましょう。

  • G検定、E検定
  • Python エンジニア認定データ分析試験
  • 画像処理エンジニア検定

どれも民間の試験であるものの、機械学習や深層学習を理解し、プログラミングだけでなく業務に必要な知識がなければ合格することは難しいものです。そのため、資格の取得を目指しているのであれば検討してみましょう。

まとめ

AI エンジニアは、大企業も含めて非常にニーズの高い職業だといえます。専門的な知識かなければ、現場で活躍することは難しいものの、それに見合った年収を確保できる職業です。今後も、AIエンジニアはニーズが高まっていく職業だといえるでしょう。

【2020年最新】オススメ!オンラインプログラミングコース

ニューノーマル時代のスキルアップは「完全オンラインスタイル」が主流。

どこかに通う必要なく、自宅でもプログラミングを学ぶことができます。

Python(パイソン)など、AI開発で使われるプログラミング言語が学べるプログラミングスクールをご紹介します。

カイキ
学習期間は数週間から数か月までさまざま

目的とスケジュールにあわせて選ぶことが最後までやり遂げるポイントです!
ブンコ

人工知能特化型プログラミング学習サービス「Aidemy Premium Plan」

会員数65,000人以上の日本最大AI学習プラットフォームによる、プログラミングブートキャンプ。Aidemy Premium Planでは、未経験から短期間で機械学習、ディープラーニング、データ分析、AIアプリ開発まで最先端技術を幅広く学ぶことができます。

【TechAcademy】Pythonコース

機械学習を学びエンジニアとして活躍したい方にオススメ。

1人では続かない方のためのパーソナルメンターがつくプログラミングブートキャンプ。

週2回マンツーマンでのメンタリングやチャットサポートで短期間でPython・機械学習が学べるプログラムです。

受講生は10代~40代の男女が中心。機械学習プログラムを開発することがゴールです。

過去にプログラミングを勉強して挫折した方、もう一度チャレンジしてみませんか?

時代はAI!Python特化型プログラミングスクール【.pro】

.Pro(ドットプロ)は結果にコミットしてくれるスクール。座学や講義ベースの授業ではなく、現役エンジニアやAIの研究者が教える実践形式のカリキュラムだから、本当に必要な人材としてのスキルを獲得できます。受講生の約90%が未経験からのスタートですが、完全対面式・少人数クラスの講義スタイルなので丁寧に学ぶことができます。

-AIエンジニア

Copyright© 未経験からAIエンジニアになる! , 2020 All Rights Reserved.