勉強法

【ざっくり解説】AIエンジニアのプログラミング言語Python(パイソン)

いま、注目のAI開発分野において、大人気のプログラム言語が「Python(パイソン)」です。このページでは「Python(パイソン)」の概要を説明していきます。

AI開発の現場ではPythonが必須?!

Pythonは1991年にリリースされたオープンソースのプログラム言語です。

2020年4月時点、機械学習やディープラーニングなどのAI開発分野において必須言語としての地位を築いています。Pythonには、AI分野の標準ライブラリやフレームワークに加え、オープンソースの外部ライブラリも多く、これらを利用してAI開発をスピーディに進めることが可能となっています。

Pythonの特徴

  • シンプルなコードで読みやすい
  • 初心者向きで習得しやすい
  • 計算・統計処理で使用できるライブラリが豊富

Pythonの強みが生かされている分野

  • AI(人工知能)
  • IoT
  • データ解析や分析ツール
  • Webアプリケーション

また、2020年からの基本情報技術者試験では、プログラミング言語の選択肢としてCOBOLの代わりにPythonが採用されるなど、注目されているプログラム言語です。

Pythonは採用事例が豊富で求人案件も多い!

Pythonは、ビジネスシーンで多く採用されています。著名なプラットフォームでは、YouTube、Dropbox、Instagram、Evernoteなどお馴染みのサービスが名を連ねます。

Python関連の求人も多く、人気のプログラム言語と言えるでしょう。
下記のグラフは、日々のプログラミング言語ごとの求人数を一覧で見ることができる「Nojov」のデータですが、Pythonは上位に入っていますね。

Nojov - プログラミング言語別求人数ビューア https://www.nojov.net/

Pythonはエンジニアにも大人気

下記はGoogleの検索情報を元にプログラミング言語の人気を決める「PYPL PopularitY of Programming Language」の画面です。

Pythonが最上位にいますね。

http://pypl.github.io/PYPL.html

まとめ

Pythonはデータ解析やAIの分野で広く採用されており、エンジニアの支持も高く、今後も需要は拡大されていくことは間違いないといえます。

これからAIエンジニアをめざす方はもちろん、機械学習、深層学習、データサイエンスについて勉強したい方には必須といえるプログラム言語です。

 

【2020年最新】オススメ!オンラインプログラミングコース

ニューノーマル時代のスキルアップは「完全オンラインスタイル」が主流。

どこかに通う必要なく、自宅でもプログラミングを学ぶことができます。

Python(パイソン)など、AI開発で使われるプログラミング言語が学べるプログラミングスクールをご紹介します。

カイキ
学習期間は数週間から数か月までさまざま

目的とスケジュールにあわせて選ぶことが最後までやり遂げるポイントです!
ブンコ

人工知能特化型プログラミング学習サービス「Aidemy Premium Plan」

会員数65,000人以上の日本最大AI学習プラットフォームによる、プログラミングブートキャンプ。Aidemy Premium Planでは、未経験から短期間で機械学習、ディープラーニング、データ分析、AIアプリ開発まで最先端技術を幅広く学ぶことができます。

【TechAcademy】Pythonコース

機械学習を学びエンジニアとして活躍したい方にオススメ。

1人では続かない方のためのパーソナルメンターがつくプログラミングブートキャンプ。

週2回マンツーマンでのメンタリングやチャットサポートで短期間でPython・機械学習が学べるプログラムです。

受講生は10代~40代の男女が中心。機械学習プログラムを開発することがゴールです。

過去にプログラミングを勉強して挫折した方、もう一度チャレンジしてみませんか?

時代はAI!Python特化型プログラミングスクール【.pro】

.Pro(ドットプロ)は結果にコミットしてくれるスクール。座学や講義ベースの授業ではなく、現役エンジニアやAIの研究者が教える実践形式のカリキュラムだから、本当に必要な人材としてのスキルを獲得できます。受講生の約90%が未経験からのスタートですが、完全対面式・少人数クラスの講義スタイルなので丁寧に学ぶことができます。

-勉強法
-

Copyright© AIエンジニアになる! , 2020 All Rights Reserved.